ぼくドラ初心者攻略ブログ「ぼくとクラーケン」

ぼくとドラゴン(ぼくドラ)の初心者向けの攻略を中心に書いています。

ぼくドラを始めたら最初にすること【3.召喚バトルに参加しよう!】

time 2017/06/17

ぼくドラを始めたら最初にすること【3.召喚バトルに参加しよう!】

今回はゲームを始めたばかりの初心者に向けて、召喚バトルとは何か?というところから書いていきます。

バトルには前衛と後衛がありますが、両者の違いや、初心者はどちらをやるべきかについても触れています。

召喚バトルの基本

召喚バトルとはぼくドラの目玉である、ギルド同士の対戦です。

召喚バトルは1日3回で、下のような時間で開催されます。

1試合目:昼12:30~13:00
2試合目:夜20:30~21:00
3試合目:夜22:30~23:00

バトル時間は、30分+延長(1分以内)になります。
時間内に相手に与えたダメージの合計(BPといいます)が多いほうが勝利となります。

バトルは前衛5人で残りのメンバーが後衛になります。

前衛は攻撃や魔法によって相手にダメージを与える役割、後衛は主に応援によって前衛の能力を高めるサポート役です。
後衛は攻撃は限られた回数しかできませんが、応援によって前衛の能力を高めるので勝利には欠かせない存在です。

バトル中に1人1回だけ、ドラゴンを召喚することができます。
ドラゴンは待ち時間がありますが、味方の能力を上げたり、相手の能力を下げたり、一定時間攻撃の威力を高めたり、さまざまな効果があります。
ダメージを与えるドラゴンもいますが、ほとんどは補助的な存在ですね。
ギルドメンバー同士で同時にドラゴンを複数召喚はできないので、効果の高いドラゴンを持っているメンバーが召喚することになります。

バトル中の行動はすべてAPを消費して行動します。
消費したAPはホーム画面にバトル中に発生するピンクスライム(正式にはAPスライム)を倒して回復します
スライムパウダーを使うと素早くAPを回復することができます。
ピンクスライム以外にも、回数制限はありますが、バトル画面からAP回復を使うことができます。

前衛/後衛について

前衛・後衛の希望

バトルでは5人が前衛を務めて、残りは後衛に回ります。

基本的には戦力の高い5人が前衛になるのですが、戦力が高い人がバトルに参加できないときに前衛になってしまうと非常に不利です。

バトルごとに「前衛希望」か「後衛希望」を選ぶことができます。

前衛・後衛の希望はバトル開始30分前までに左上の召喚バトルの画面を開いて選ぶことができます。当日のバトルの希望はこの画面から変更、翌日以降の希望は「毎日後衛希望」のボタンから変更します。

スポンサーリンク

ただし、希望通りの配置に必ずしもなるわけではなく、前衛希望しても後衛になる場合や、逆もあります。

前衛5人の決め方にはルールがあります。

前衛希望で戦力の高い人>前衛希望で戦力の低い人>後衛希望で戦力の高い順>後衛希望で戦力の低い人

左側から順に5人が前衛になります。残りの人は後衛になります。

戦力が低いうちは前衛希望していても後衛に配属されることが多いです。
なので最初は後衛の動きを理解することが大事です。

ほとんどの場合最初は後衛になるのですが、実際に前衛希望にするか後衛希望にするかはギルドの方針に従ってくださいね。

ふだん前衛をやっている人が用事でバトル参加できないときに、不参加前衛になってしまわないように後衛設定することがあります。
代わりに前衛に出れるメンバーが入ればいいのですが、みんな後衛設定にしていると、戦力が高いせいで結局前衛に配置されてしまうことがあります。

不参加メンバーが前衛に押し出されてしまうのを避けるため、後衛に特化したメンバー以外は、バトルに参加できるときは「前衛希望」、参加できないときは「後衛希望」が基本になります
ただし前衛は後衛より注意すべき点が多いですので、下にリンクを貼った記事から注意点をしっかり確認しておきましょう。

 

ここから先は召喚バトルで初心者が気をつけるべきことについて解説します。

あまり脅かすつもりはないのですが、バトルの勝手がわからない初心者がよかれと思ってやった行動でギルド全体に迷惑をかけてしまうことがありますので、そうならないために最低限気をつける内容を書いていきます。

こちらの記事で解説しています。

初心者が召喚バトルで最低限注意すべき点とは?

 

 

攻略内容は管理人の私見によるものです。
誤りなどございましたらご容赦いただきたくお願いいたします。

スポンサーリンク

down

コメントする